顔のエクササイズのやり方や効果を徹底解説:たるみ改善で見た目年齢が若返る!

キレイラボ編集部
公開, 更新 , 小顔・フェイシャルケア

年齢とともに気になってくる顔のたるみ。自力で改善するのは難しいと考えてしまう方も多いですが、顔のたるみはエクササイズで改善することができます。

顔のたるみへアプローチする正しいエクササイズを知ることで、見た目年齢を若返らせるハリのある顔を目指しましょう。

今回はたるみを中心に、様々な顔の悩みに応えるエクササイズを紹介します。

顔エクササイズがもたらす効果

顔のエクササイズには、表情筋を始めとした筋肉を鍛えることで顔を引き締める効果が期待できます。

顔は数多くの筋肉で作られているため、体の他の部位と同様に年齢とともに衰えてしまうのですが、エクササイズをすれば筋肉を若々しい状態に保つことができるのです。

具体的な効果は「フェイスラインなどのたるみ解消」「ほうれい線を目立ちにくくする」など。また、エクササイズで新陳代謝が活発になることで、肌のくすみが解消されるといった美肌効果にも期待できます。

顔のエクササイズ7選

短時間で簡単にできるエクササイズを紹介します。顔の筋肉を意識したエクササイズでたるみを改善することができます。

眉周辺のエクササイズ

眉間のたるみ・シワに効果的です。

1.目を細めた状態で、眉を5秒間ひそめる 2.ゆっくりと眉を上に引き上げて5秒キープする

長時間続けるよりも、気付いたときにこまめに行うのがオススメです。

目元のエクササイズ

目の周りの筋肉が鍛えることで目元のたるみを改善します。

1.目を強めにつむり5秒キープする 2.片目だけを開けて3秒キープ、続いて反対側も同様に行う

口周りのエクササイズ

ほうれい線に効果がある他、顔の筋肉がしっかり動くため、むくみや血行改善にも効果的です。

・口を大きく動かしながら「あ」「い」「う」「え」「お」の表情を作る(各5秒)

1連の動きを1セットとして、1日2~3セットを目安に行いましょう。

舌回しエクササイズ

二重あごなど、あごのたるみに効果的です。

1.口を閉じたまま、歯茎を外側からなぞるようにゆっくり舌を動かす(20回) 2.同じ動きを逆回しで行う

回数の目安は1日3セットです。

フェイスラインのエクササイズ

頬や顎周辺の筋肉を引き締めることで、たるみを改善します。

1.頭を後ろに倒し、舌をまっすぐ突き出す 2.舌を鼻に向けて持ち上げるように動かす(5回)

顎のエクササイズ1

顎のエクササイズには二つあります。1から順に行ってください。

・顔の下半分だけを動かすように、左右へ20回動かす

顎やフェイスラインのたるみに効果的ですが、顎関節症の可能性がある場合は控えるようにしましょう。

顎のエクササイズ2

顎の筋肉を鍛えることで、咬筋のコリをほぐしたり咬筋にかかる負担を軽減します。咬筋のコリがほぐれると、エラ部分のハリの改善に効果が期待できます。

・仰向けに寝転んで顎を引きながら頭を浮かせて20~30秒キープする

たるみ改善には生活習慣の改善も必須

エクササイズで筋肉を鍛えても、筋肉を作るための栄養素が足りなければ意味がありません。たんぱく質を意識して摂取することで、エクササイズの効果を更に高めましょう。たんぱく質は鶏肉や大豆製品に多く含まれています。

野菜類など、肌のハリを保つビタミン類が多く含まれた食材も合わせて摂取することも大切です。

ファストフードやスナック菓子を控えたバランスの良い食生活を心掛ければ、エクササイズの効果をより早く実感できるようになるでしょう。

関連した記事

小顔に見せる髪型の特徴:輪郭別にポイントを説明

顔が小さくて髪型も似合っている女性は美意識が高い印...

2019年07月26日, 小顔・フェイシャルケア

浜松の小顔サロン:気になる料金相場、各サロンの特色まとめ

バランスがよく、フェイスラインがスッキリした小顔は...

2019年07月26日, 小顔・フェイシャルケア

超音波美顔器にジェルは必要?正しい使い方をチェック!

超音波美顔器を使用する時にジェルを使うのはなぜでし...

2019年07月26日, 小顔・フェイシャルケア

いま話題の記事