小顔に見せる髪型の特徴:輪郭別にポイントを説明

キレイラボ編集部
公開, 更新 , 小顔・フェイシャルケア

顔が小さくて髪型も似合っている女性は美意識が高い印象が強く、男性にも大人気ですよね。

人それぞれ、自分の理想とする髪型がありますが、それが自分に似合うかどうかは別問題です。ときには、似合わない髪型で顔が大きく見えることだってあります。

女性なら、出来れば小顔に見える髪型にしたいもの。小顔に見える髪型と言えば、前髪を下ろした方がいいような気がしますが、それは小顔に見える髪型として合っているのでしょうか?

ここでは、顔の特徴別に小顔に見せる髪型を紹介します。

丸顔の場合はサイドで隠そう!

顔の輪郭が丸顔の場合、小顔に見える髪型は、サイドを髪で隠して縦長にします。

前髪については、前でパッツンしてしまうとより横長に見えてしまいますので、斜め分けをしてサイドに流すと、より小顔効果がアップします。

最終形は顔がひし形に見えるようにすると、小顔に見えます。

面長の場合はサイドにボリュームを出そう!

面長の輪郭の場合は、これ以上縦長に見えないようにサイドの髪にボリュームを持たせることをおすすめします。

また、面長な輪郭の場合は前髪をしっかりと作らないと実年齢よりも老け顔に見えることが多いので、おでこは出来るだけ前髪で隠すようにしましょう。

髪の分け目もセンター分けだと面長に見えやすいので、斜め分けが小顔に見せるためには効果的です。

ベース型の場合はふんわりとしたイメージにする!

ベース型の輪郭の方は、顔のえらが強調されないような髪型にすることがポイントです。

前髪の横にくる髪の毛でサイドバングを作ると、フェイスラインに髪の毛があることで前から見てエラが目立ちにくくなります。

さらに、横幅が強調されやすい輪郭なので、ショートヘアではフェイスラインを包み込むようなカット法を用いたり、ロングヘアでは縦巻きパーマで縦長に見せることで、うまくベース型の輪郭の悩みを解決できます。

全体的にふんわりとした印象を与えることで好印象になりますので、トップには高さを出して縦長に流しましょう。

流すだけでは老けて見える場合がありますので、バックにもボリュームをつけてあげましょう。ボリュームをつけずにシンプルな髪型にしてしまうと、より顔の輪郭が強調されるのでNGです。

逆三角形の場合は前髪にボリュームを出そう!

少しきつめの印象を与えがちな逆三角形の輪郭の場合には、ショートヘアをしたりシャギーを入れると余計にキツイ印象を与えますのでおすすめしません。

前髪にボリュームを出すことが大切で、顎周りにもふんわりとした多めの髪を作ることで、優しい印象にすることが出来ますし、顔全体が小顔に見えて華やかになります。

小顔になる髪型が決まったら色もこだわってみよう!

小顔効果がある色は、明るめの色ではなく暗めの色です。そもそも暗めの色というのは「収縮色」と呼ばれているくらいに引き締め効果があります。

しかし、あまりにも真っ黒だと重い印象を与えてしまう可能性があるので避けたいという方もいますよね。

そんな時におすすめの色は「ダークブラウン」や「ダークアッシュ」です。真っ黒な髪よりも少し柔らかい印象を与えますのでおすすめです。

関連した記事

顔のたるみを解消して美顔へ:まずたるみの原因をしろう!

加齢に伴う顔の悩みとして、よく挙げられるのが顔のた...

2019年07月26日, 小顔・フェイシャルケア

小顔整体には意味があるのか?:気になる効果と痛み

フェイスラインのたるみや顔の歪みは、顔が大きく見え...

2019年07月26日, 小顔・フェイシャルケア

顔の歪みを矯正したい!歪みの原因と短期間で整える方法をチェック

鏡を見て自分の顔が歪んでいるように見えたことはあり...

2019年07月26日, 小顔・フェイシャルケア

いま話題の記事