私服がダサい女の特徴7つ:体型や靴にあった洋服でおしゃれ度アップ!

キレイラボ編集部
公開, 更新 , 美容

あなたの周りにも、顔は可愛いのに私服が残念な女性っていませんか?どうしてこの服を選んだのだろう…?どうしてこの色にしたのだろう…?と思うことは意外と多いもの。 それでは、ダサい私服のパターンにはどのようなものがあるのでしょうか?今回は私服がダサい女性の特徴をご紹介します。 自分のファッションセンスに自信がなくて困っている人も、この記事を読んで、私服のダサい女にならないよう参考にしてみてください。

私服がダサい女の特徴7選

女性であれば誰しも、周りの人に私服がおしゃれだと思われたいですよね。 しかし、ファッションを意識しすぎたり、ブランド物にばかりこだわってしまうがゆえに、ダサく見えてしまうということもありえます。 そこで今回は、私服がダサいと言われる女性の特徴を紹介します。自分にも心当たりのある点がないか、チェックしてみてください。

1.全体的に奇抜すぎる

服の配色は、いろいろな色を使えばいいというものではありません。 色は地味でもオシャレな着まわし方はたくさんあるのです。それを無視して一体何色つかっている?と思うくらい奇抜なファッションをしている人がいます。 蛍光色など無駄に多い場合がありますが、目がチカチカしてしまいます。オシャレと奇抜は違いますね。

2.ブランドものを身に着ければいいと思っている

無駄にブランドもので固めている人がいますね。トップスはブランドロゴが大きく表示され、それだけならいいのですがサングラスも大きくロゴが入り、ベルトやバックにもジャラジャラとブランドとわかるものをつけている人がいます。 もうこれはオシャレとは言わないですよね。それを自慢げにどや顔で歩いている姿を見ると呆れてしまいます。 ブランドものを身に着けてればいいと思っている考え方が、まさにダサいですよね。

3.自分の体型に合っていない

せっかくスタイルはいいのに、着ている服がダボダボ過ぎたりきつすぎたりと自分の体型をわかっていない人がいます。 本人はオシャレのつもりでロングスカートやスリムパンツ、サロペットを着ていますが、足がとても短く見えたり体のバランスがおかしく見える人がいます。 洋服自体の可愛さだけでなく、自分の体型に合った洋服を見つけることが大切です。 お店で「この服可愛い!」と思っても、自分に合ってるのか試着してからきちんと購入しましょう。

4.オシャレの最先端を勘違いしている

変わった形の帽子やスカートやカバン、本人は流行の先取り、もしくはオシャレで可愛いと思っているかもしれません。しかしその服や持ち物、本当にオシャレですか? 周りの友達や街での視線に注意してみましょう。友達につっこまれたり、後ろを振り向いてまで見られたら、ちょっとその格好は考えた方がいいかもしれません。

5.ヒョウ柄が好き

やけにヒョウ柄の使用率が多い人はいませんか?あまりに多いと「この人元ヤン?」なんて想像してしまいます。 ポイントに使っているのならともかく、全面的に主張しているとちょっと引いてしまいますね。 近寄りがたい印象も与えるので、ヒョウ柄の使いすぎはダサく思われるのに直結しそうです。

6.セクシーと下品をはき違えている

胸元が空きすぎていたりミニスカートもいやらしさが全面に出ていると、セクシーというより下品としか思えません。 自分の魅力を引き出そうとしているのでしょうが、なんでもやりすぎは反対にマイナスイメージを与えてしまいます。

7. 洋服と靴が合っていない

ファッションというのは洋服だけではありません。意外と見られているのが足元です。洋服ばかりに気を取られて、靴を適当なものにしてしまうと、せっかく素敵な洋服を着ていても、ダサいと思われてしまいます。 靴を選ぶ時も、着る洋服とのバランスを考え、違和感のないおしゃれなものを選ぶようにしましょう。

私服がダサい女まとめ

あなたは当てはまるものはありませんでしたか?また周りにこういった友達はいませんか? ファッションセンスには、人それぞれの好みがあって当然ではありますが、最低限のポイントは押さえておかないと、ダサい人だと思われてしまいかねません。 今回紹介したような特徴を持つ格好は、おしゃれどころか、周りに驚かれてしまいます。ですが、服装は自分では気づくのが難しいものなので、友達や周りの人には、やんわりと教えてあげましょう。

関連した記事

横顔がブスに見える原因:鼻・アゴをセルフチェック!美人の条件Eラインとは?

世の中では自分の横顔に自信を持っている女性ばかりで...

2019年07月26日, 美容

いま話題の記事