若く見える女性の特徴ってなに?今すぐ実践できる若返り方法

キレイラボ編集部
公開, 更新 , 美容

年を重ねるほど、実年齢と見た目の差に個人差が出てきますが、まるで美魔女のようにあなたの周りには年齢の割にとても若く見える人はいないでしょうか? 年齢が出やすい場所を知っておけば、そこを重点的にケアしたり気をつけることで、今よりもっと若々しい印象を与えることができるかもしれません。 そこで今回は、若く見える人の特徴と若く見えるメイク方法をご紹介します。 そして若く見えるために、1番重要といっても過言ではないポイントとはなんと言っても「お肌」です。肌がきれいなだけでも、若く見られる女性になれます。 しかし、仕事や家事、育児に奮闘している女性は睡眠時間も少なかったり、スキンケアに対してなかなか時間を使えない人も多いでしょう。 そこでオススメのが美容液!その名の通り、美容液にはお肌がきれいになる成分が豊富に含まれています。そんな数ある美容液でも、忙しい女性にオススメなのが2017年の美的で「購入したい美容液NO.1」のayura(アユーラ)の美容液です。 女性雑誌やwebでなどでも大人気の美容液。まずは試して見ませんか?

実年齢より若く見える女性の特徴とは?

同じ年齢なのに、若く見える人と、年齢よりも年上に見られてしまう人は、一体どこに差があるのでしょうか? そこで、今日から実践できる若く見える方法を紹介します。

髪にツヤとボリュームがある

髪の与える印象は大きいもので、髪にボリュームがなくペタンコだったり、ツヤがなく縮れていると、どうしても老けた印象になってしまいます。また髪型によってボリューム感などもずいぶん変わります。 若い時と同じ髪型を続けるよりも、その時々で自分に合う髪型を選ぶのが良いのではないでしょうか。 また、女性用育毛剤や女性用ウィッグ等もたくさんあるので、試してみるのも良いかもしれません。 ベルタ育毛剤は女性のためだけに開発された完全女性専用育毛剤です。まるで美容液!と絶賛されるほどの使用感で、髪にツヤとボリュームを与えます。
女性専用育毛剤をチェックする

表情が豊か

自宅でぼんやりテレビを見ているときのや、電車の窓に映った顔がふと視界に入ると自分でも老けたと驚くことはありませんか? 気を抜いているうえに表情が乏しいと、実際よりも老けて見えます。人と接しているときには、表情を豊かに保つように意識してみましょう。 表情筋を鍛えるためのエクササイズなどを取り入れ、顔のたるみを防ぐことも効果的です。

自分の年齢を言い訳にしない

何かにつけて「もう○○歳だから…」という人がいますが、言葉の力はすごいもので、いつの間にか自分の言葉に反応して気持ちが卑屈になっていってしまい、実際に老け込んでしまう原因になってしまいます。 年齢を重ねていくことを恐れているだけでは、人生そのものがどんどんつまらなくなってしまいます。年齢を言い訳にせず、いつまでも新鮮な気持ちでいましょう。

流行のファッショントレンドを取り入れている

服装や持っているカバンだけでも、だいぶ見た目の印象が変わり、若く見られることがあります。あなたは最近のファッショントレンドを知っていますか? 年齢を言い訳はしてはいけません。もちろん年相応の服装やTPOにあったファッションをすることは当たり前ですが、ワンアイテムだけちょこっとトレンドアイテムを入れるだけで、若く見られること間違いありません。 年に関わらず、自分のしたいファッションや持ちたいものを持つのが若さの秘訣の1つでしょう。

姿勢がいい

見た目年齢に大きく影響するのは、実は「姿勢」です。猫背気味になっていたり、歩き方や動作がのろのろとしていると、老けた印象を与えます。 背筋を伸ばし、姿勢を正して颯爽としている人は、とっても若く見えますね。 一度、自分の姿勢をチェックしてみましょう。

目元にハリがある

その人の年齢を判断するのに、目元に注目している人が多いようです。特に女性は、まず目元の小じわやクマ、たるみなどで年齢をみています。 まぶたの部分の皮膚は薄いので、たるみがそれだけ出やすいですし、まぶたと目尻が下がってくると、一気に老け顔の印象を与えてしまいます。 普段のケアも、目元やまぶた、目尻のあたりを重点的に。マッサージや保湿美容液などで丁寧にケアしましょう。

肌のメリハリも若さの秘訣

若く見える人には様々な共通点がありましたが、冒頭でもお伝えしたように肌のツヤやハリも若さに繋がる大事な要素です。 あなたも「肌がきれいな人は若いな」と思ったことは何度かあるのではないでしょうか? それに肌がきれいなだけで、新しいヘアスタイルやメイク、ファッションに挑戦したいと気持ちが芽生え、ポジティブな気持ちになれるかもしれません。 「シワもシミも増えてきて、もう手遅れ・・・」と思った方、それは大きな間違いです。 確かに20代の女性に比べれば、肌の再生力は落ちてしまっていますが、きちんとスキンケアをすれば肌の老化を抑えることもできますし、今のお肌の質を改善させることは可能です。 そこでおすすめなのが美容液です。化粧水や乳液よりも、お肌にとっていい成分が豊富に含まれているので、肌質改善には美容液がぴったりでしょう。 美容液の中でも、ayura(アユーラ)の美容液は特におすすめです。お肌ストレスに働きかけるコウヤマエキスや、ダメージケアをしてお肌のコンディションを整えるエクトイン、保湿力抜群のスーパーヒアルロン酸などが配合されています。 初回限定で通常2,000円の美容液を、今なら980円(美容液ミニボトル・メイク落とし・洗顔料・化粧水付き)で試すことができます!百貨店コスメとしても人気のayuraをここまでお安く試せるチャンスはないかもしれません。 「なにをやってもダメ」そんなダメージ肌に悩んでいたモニターのうち91%を満足させて美容液、試すだけ試してみませんか?
アユーラの美容液を試してみる!

若く見えるメイク方法

昔ながらのメイク方法だと、濃い色や鮮やかな色を使い、さらにリップラインもブラシでしっかり描くという方法でした。 しかし、その方法では唇が強調されすぎて、かえって老けて見えてしまいます。 実際、唇が強調されると、顔が下がって見えるのだそう。それを解消するためには、明るいピンクやピンクベージュなどの色を使用するのがおすすめです。 さらにツヤ感を加えたいときは、グロスを唇の中央に軽くのせるのがポイント。 また、塗るだけで、くちびる瞬間ぷっくりにしたい方は、リッププランパーがおすすめ。 乾燥も抑え、潤いを与えてくれるので、若々しい唇になれること間違いないです。
リッププランパーをチェックする!

昔流行した眉山がくっきりした細眉は、目と眉の間が広くなるので一層老けを感じさせます。 最近はナチュラルな太眉が流行していますが、太眉はたるみがちになった顔や血色が悪くなりがちな顔を若見えさせてくれる効果もあります。 太眉にする時はペンシル1本で太く濃く眉を描くのではなく、パウダーを使いふんわりナチュラルな太眉に仕上げましょう。 全体的なポイントとして、年齢を重ねると顔全体が下がってくるので顔の下に目がいかないようにするのも大事な点です。 そのため唇は強調させず血色をよくする程度にしておき、顔の上の部分である目元や眉に視線を集めるため、しっかりハッキリさせたほうが年齢より若く見せるメイクのポイントです。

ほうれい線

老け顔に見えるポイントは、ほうれい線がくっきりしているかどうかで決まります。このほうれい線、実は簡単なメイクで目立ちにくくすることができます。 下地のクリームを塗った後、明るめのコンシーラーをほうれい線に沿って軽く叩くように塗り、その上からファンデーションを塗るだけです。 このひと手間で、ほうれい線が目立ちにくくなり、メイクで若く見せることができます。

目元

年を重ねると特に気になるのが目元。 まぶたがたるみがちになり、ぼんやりした印象になるなので、どうしてもしっかりとアイラインを引きがちになりますが、実はそれは逆効果です。 特に重要なのは陰をつけるのではなく、光を加えるということ。 まぶた全体にベージュ系の明るい色をのせたら、目のキワの外側にアイラインを引くのではなく、まつ毛の隙間を埋めるようにアイラインを描くということです。 ナチュラルな目元の方がすっきり若く見える印象になるようです。ラインを引く際は、上まぶたの下側から引くというのが上手に引くコツです。

若く見えるためには、見た目の雰囲気がとても大事

人によって異なりますが、若く見える理由や原因は必ずあります。 もちろん生まれつきであれば特に工夫をしなくても大丈夫ですが、そのような人たちでも、髪型や服装などの見た目や雰囲気はとても大切なものです。 全てを加齢という言葉で片づけてしまうのはとてももったいないこと。少しでも若く見えるために、今日から実践を始めてみましょう。

関連した記事

いま話題の記事