自分の顔の形に似合う髪型ってどんな?タイプ別に紹介!

キレイラボ編集部
公開, 更新 , 美容

「私の輪郭には、どの髪が似合うんだろう?」女性なら一度は考えることでしょう。 顔の形にもいろいろタイプがありますが、そのタイプによって似合う髪型も異なります。 自分の顔の形に合った髪型を見つけることで、さらに女子力をUPさせたいですよね。 そこで、今回は輪郭別にそれぞれの似合う髪型を紹介します。

自分の顔の形に似合う髪型:タイプ別

丸顔タイプ

丸顔タイプのあなたは、頬がふっくらとしているため童顔に見られやすい傾向があります。 そのため重ための前髪をおろした髪型にしてしまうと、さらに幼い印象を与えてしまうでしょう。 童顔に見せるための方法としても使えますが、大人っぽい印象を与えたい時には前髪に隙間を作りながら、縦のラインを見せてあげると、顔の形が少しすらっとするのでおすすめです。 また大きめウェーブをかけると顔周りの骨格を隠してくれるので、丸顔解消になります。

卵顔タイプ

卵顔タイプのあなたは、輪郭を綺麗に活かす髪型がおすすめです。バランスがとれているので、ロングヘアでもショートヘアでも、どんな髪型でも似合います。 卵顔タイプは頬が丸く見えるのが特徴で、やせていてもふっくらとして見えます。 トップにボリュームを持たせたり、前髪をセンターラインで分けてしまうと面長に見えてしまうので、縦のラインを強調しない髪型にしましょう。 そのためには斜め分けの前髪で、サイドにゆるふわパーマをかけると小顔効果になります。卵顔タイプの場合はトップからのパーマもおすすめです。

ベース顔タイプ

ベース顔タイプのあなたは、エラが張っているので、ぱっつんのような前髪にすると顔の形そのものがベース型となってしまうのでNGです。 ベース顔の場合はひし形をイメージした髪型にすると良いと言われています。例えばトップに高さを出して、ウェイトはエラよりも上に置く事で、エラを隠しましょう。 顔の周りが気になる場合は顔をすっぽり覆うように、顔周りの髪は耳にかけず、カールやパーマをかけてをエラを隠すようにすると良いです。また前髪は斜め分けにすると更に良いでしょう。

逆三角顔タイプ

逆三角顔のあなたは、小さくてシャープな顎のラインが特徴的ですが、あごが細く、さらに顔の立て幅が長く見られてしまう傾向があるので、きつい印象を与えてしまいがちです。 しかし、逆三角さんは卵型さんに輪郭が一番近いので、理想のヘアースタイルが作りやすいです。 前髪の幅は広くとりつつも、あごまわりに重みを置き、トップに動きを出してあげると、柔らかい印象を与えるのに効果的です。 また、髪の毛をロングにすると柔らかい雰囲気が出せます。

三角顔タイプ

三角顔タイプのあなたは、顎の張りが特徴的で、顔に丸みがないので、なんとなく雰囲気が落ち着いて見えるかもしれません。 顎の張りがあることで、顔のキツさが気になる場合は、ゆるいパーマをあてて顎を隠すようにすると良いでしょう。 顔周りをふんわりとカバーすることで、気になる顔の形を丸く見せることができます。

四角顔タイプ

四角顔のあなたは、頬骨が張って見え、さらにあごが平たくなっているので、どうしても男性的になります。この点を解消した髪型を意識しましょう。 エラを強調させないために、サイドはふんわり顔周りを包み込むようなシルエットがおすすめです。 髪の毛にふんわりとボリュームを持たせ、動きが出るようなスタイリングで、顔を包み込むようにしましょう。さらに縦幅が出るようにしてあげると、四角顔がカバーできます。 ミディアムヘアーだと、鎖骨のあたりでカールをしてみたり、ロングヘアーの場合だと顔周りにレイヤーをかけてあげることで、小顔効果が出ます。

面長顔タイプ

面長顔タイプのあなたは、眉の位置によって、見た目を変えることができます。同じ面長でも、眉毛の位置が違うと雰囲気が違って見えるのです。 眉が下のほうにあるなら、おさげのような髪型にすることで、気になる面長顔の形をカバーすることができます。 眉が上のほうにあるなら、思い切ってきつめのパーマをあててみるのもおすすめです。
ホットペッパービューティーで美容院を検索する

関連した記事

高校生にもできる簡単ヘアアレンジ4選:クラスの女子と差をつけよう

高校生になると、おしゃれに気を遣うようになってきま...

2019年07月26日, 美容

いま話題の記事